トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
アンカー展(Bunkamuraザ・ミュージアム)-美術展の感想-
2008-01-29 Tue 23:56
1/13東京オペラシティで、「北欧モダン デザイン&クラフト」を見た後、渋谷に移動。
友人と約束した夕食までの時間をBunkamuraザ・ミュージアムで過ごすこととしました。
(東京オペラシティからの移動、ということで、損保ジャパン東郷青児美術館を候補として考えてたんですけど。)

失礼を承知で言わせてもらいますと、アンカー展を見ようと決めた時点では「画家・アンカー」にはあまり期待はしていなかったんですね。スイスでは有名だけど、日本では知名度が低い、という説明通り、僕は彼についての情報を持ち合わせていませんでしたし、「画家・アンカー」よりもむしろ「スイス」に興味があったのです。ドイツやフランスに対するイメージというのはある程度ありますが、スイスに対するイメージって漠然としています。
「有名な時計メーカーが多い」「永世中立国」「アルプスなど自然のイメージ」くらいでしょうか。
展覧会概要を軽く見た時点で「サブタイトルの『故郷スイスの村のぬくもり』を感じ取るには十分な技量の画家であるらしい。アンカーという人は。」くらいの感覚で会場へ足を踏み入れました。

まず、最初の数点を見てアンカーというスイスの国民的画家が高い技量の持ち主であることを確認することが出来、「目的は十分果たせそうだ。」とホッとしました。
コローや、クールベらの卓越した技術を持つ写実画家の絵を見て「凄いけど、面白くは無いな。」と感じることが多いのですが、今回は「当時のスイスの雰囲気を感じ取る。」のが目的だったので、作家の技量が確かであれば良いと思っていたのです。

しかし、1点、また1点と作品を見ていくうちに、なにか惹き込まれるような、「あれ?絵がうまいだけじゃないな。作品それぞれに滲み出る魅力があるな。」と感じ始めました。

僕は幻想絵画(シュルレアリスムも含む)や、抽象絵画など「想像力をかきたてられる」ものが好みの中心です。「この絵を描いた作家はこの風景を見ながら何を思ったのだろう。」という風に「入り込みやすい」という意味では印象派の絵画(特にモネ)も好みです。

当時のスイスの村の生活が見て取れる「風俗画的」に、また「アルベール・アンカー」という画家の一作品として、それらを楽しみながら、「僕が良いと感じる写実画とそうでない写実画の違いはなんなんだろう。」と考えていました。
そこには何か、描いた作家らしさ、今回の場合だと「アンカーらしさ」というものが存在していて、作品に反映されているのだろうか。

そんなことを考えながら館内を進んで行くと、《水浴する人々》という大きな作品に出会いました。
作品に添えられた解説文は非常にすんなり頭に入るもので、“若さから老いまでがすばらしい調和で描き出されている。”ことは疑いなく、作品の魅力もまた確かなものでありました。
解説文の中で最も重要に感じられたのは“アンカーの繊細な感情移入”という言葉です。
「アンカーが一生懸命描いた結果、作品に思いが宿った」というとスピリチュアルな雰囲気になりますが、「作品を通して何を描きたいのか、確かな意志をもって決定し、そこに『強い思い』を乗せて描いた。」というと、ごく現実的なプロセスに思えます。

より詳しいことは、図録を通して知ることが出来ました。

アンカー展(Bunkamuraザ・ミュージアム)-美術展の感想-…の続きを読む
スポンサーサイト
美術展・展覧会の感想 | コメント:4 | トラックバック:2
北欧モダン デザイン&クラフト(東京オペラシティアートギャラリー)-美術展の感想-
2008-01-20 Sun 02:20
僕は元々「北欧好き」と言うわけではないのですが、「面白いデザインだな。」「素敵な色使いだな。」と思ったものが「北欧製」だったという経験は多々あります。

ドイツ・フランス・イギリス他の実用工芸品というのは、大体想像の範囲内に収まりますが、北欧のものは、僕の固定観念の殻を“気持ち良く”破ってくれることがありますね。

僕の持っている北欧に関する情報と言うのは偏っているので、今回の「北欧モダン デザイン&クラフト」を見ることで、偏りを減らした上で、今後のさらなる興味に繋がるものが見つかれば理想的だな、と思っていました。


展覧会を見る前から、北欧のメーカー名はある程度知ってたんですよ。
北欧で、陶器というと、ロイヤルコペンハーゲン、アラビア・・・ガラスだとイッタラ、コスタボダ・・・辺りはどこの国かと大体の作風も分かるかな。
B&Gがロイヤルコペンハーゲンに吸収されてる、アラビアが近年イッタラに吸収された、コスタボダがコスタとボダの合併会社で、最近、オレフォスも吸収した、というのも形式的には知ってます(事情とか、詳しい年代までは頭に入ってません。吸収なのか、合併なのかも怪しいです)。

あとは、
グスタフスベリってどこの国だっけ?
バランスチェアのストッケってノルウェー?ホーグはどこ?
マリメッコって聞いたことあるけど、何のメーカー?

という感じ。



でも・・・地図上で、どれがどの国かは頭に入ってないのです。

学生時代、「テストに出るから」という理由で「スカンジナビア半島」「フィヨルド」「白夜」くらいの単語は覚えましたけど。
この日は、北欧に興味があって、自ら足を運んでいるわけですから学ぶ気満々ですよー。
北欧モダン デザイン&クラフト(東京オペラシティアートギャラリー)-美術展の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:4 | トラックバック:3
フィラデルフィア美術館展 印象派と20世紀の美術(東京都美術館)-美術展の感想-
2007-12-14 Fri 00:34
今日は「フィラデルフィア美術館展」を見に上野の東京都美術館へ出かけてきました。
僕はこの展覧会については「印象派の有名どころとか、僕の好きなカンディンスキーとかが見られるバラエティに富んだいて華やか」な印象があり、以前から行きたいと思っていました。実際に行った人から「かなり良い展覧会」と聞いてからは、行くことだけ決めて、個別にどんな作品が来ているのかまでは確認しませんでした。その方が楽しめそうだということで。

2_20071213211843.jpg
フィラデルフィア美術館展の看板。同様のものをいろんな駅でも見かけました。


フィラデルフィア美術館展 印象派と20世紀の美術(東京都美術館)-美術展の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:12 | トラックバック:6
続き・・・シュルレアリスムと美術(横浜美術館) -美術展・展覧会の感想-
2007-12-10 Mon 01:20
シュルレアリスムと美術(横浜美術館)の感想の続き

マグリットは結構な数の作品が来てました。
シュルレアリスム関連やその他の美術展でマグリットの作品には良く出会いますが、《固定観念》 《人気のあるパノラマ》 《人間の条件》など、初見の作品に会う機会に恵まれました。

マグリットは並み居るシュルレアリストの中でも「手法の特異性・独自性」で勝負している人だと思います。僕はマグリットの手法が好きなので、彼の作品は非常に打率が高いです。
マグリットの「心のスクリーンにイメージを映し出す“想像力”」は疑いようが無くレベルの高いものですが、人によっては「マグリットの絵は奥行きが無く、平坦だ」と「技量」を疑う見方もあるようです。僕はあの平坦さは「現実と非現実」の境界線を曖昧にする「手法」だと思いますけどね。
後述するポール・デルヴォーも表情の無い同じ顔の人物ばかり描きますが、下書きの段階では非常に写実的に顔を描いてある(写実的に描けないのではなく、意図的にそう描いている)のだと聞いたことがあります。


続き・・・シュルレアリスムと美術(横浜美術館) -美術展・展覧会の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:1
シュルレアリスムと美術(横浜美術館) -美術展・展覧会の感想-
2007-12-04 Tue 23:37
CA331125a.jpg

12月3日、横浜美術館で開催中の「シュルレアリスムと美術 イメージとリアリティーをめぐって」展へ出かけてきました。
僕はシュルレアリスムを含む幻想美術全般が好きなので、本展覧会は好みの中心といえます。

「第1章 シュルレアリスム美術の胎動」
最初のスペースに入ると、すぐにジョルジオ・デ・キリコの2作品《福音書的な静物-1916年-》《へクトールとアンドロマケーの別れ-1918年-》が目に入りました。デ・キリコの形而上絵画(1910年代の作品)は後のシュルレアリストに多大な影響を与えたといわれています。そういう意味では導入部にデ・キリコ作品を持ってくるのは自然なことと思いますが、1910年代のデ・キリコ作品は意外とお目にかかれないので、僕としては非常にテンションが上がります。
以前、≫大丸ミュージアムで見たデ・キリコ展も1920年代以降の「新形而上絵画」が中心でした。

※1920年代以降、デ・キリコは古典回顧や自作の模写など「奇行」ともとれる変化を見せ、アンドレ・ブルトン(シュルレアリスム運動の中心人物)に「シュルレアリスムの裏切り者」とまで言われます。


シュルレアリスムと美術(横浜美術館) -美術展・展覧会の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:4 | トラックバック:1
ムンク展(国立西洋美術館)-美術展・展覧会の感想-
2007-12-03 Mon 22:59
munk1.jpg

ムンク展の図録。表紙の作品は《不安》

ムンク展を見に上野の国立西洋美術館へ出かけたのは10月ですが、簡単に感想を記しておこうと思います。

今回の展覧会はあまり知られていない「装飾画家」としてのムンクにスポットを当てたものです。
それは「個々の作品をひとつずつ独立したものとして鑑賞するのではなく、全体で一つのなっているものとしてみる必要がある。」というムンク自身の考えを反映したコンセプトであったようです。



ムンク展(国立西洋美術館)-美術展・展覧会の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:5
国立ロシア美術館展(東京都美術館)-美術展・展覧会の感想-
2007-06-17 Sun 01:46
『アートで候。』の半券があれば半額、といわれたので、東京都美術館で「国立ロシア美術館」展も見てみました。

a2.jpg
東京都美術館は、一番通ってるかなぁ。

国立ロシア美術館展(東京都美術館)-美術展・展覧会の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
モネ大回顧展(国立新美術館)-美術展・展覧会の感想-
2007-06-17 Sun 00:23
早起きして、開館と同時に見ようと思っていたのですが、寝坊したのと朝食をがっちり食べたので、11時頃国立新美術館に到着。
チケット売り場に並ぶと「モネ展は入場まで10分待ちでーす。」という係員の声が聞こえてきました。
平日の午前でも人が多いなぁ、と思ったのですが、入場制限しているということは、館内は見やすいだろうと思い直しました。

展示室に入ると、すぐに目玉作品の一つ、≪日傘の女性≫がありました。月並みですが「見上げるようなアングルがいいなー」と。近距離から離れ目まで、いろんな距離感で見たい作品です。

『光』とタイトルの付いた区画では、≪サン=タドレスの海岸≫の暮れ行く海岸の夕日の微妙な光加減や、≪コロンブの平原、霜≫の地面の反射を見て、「明るい日差しを描くばかりが『光の魔術師』ではないんだなー」と感心しました。
≪コロンブの平原、霜≫はとても気に入りましたが、隣にあった≪アルジャントゥイユののセーヌ川≫はオルセー展で見た似たアングル≪アルジャントゥイユの船着場≫の方が良いかなと思いました。

『色彩』のコーナーに並んでいた、美しい花、色鮮やかな庭の絵はそれはそれで美しいけど、モネの真骨頂では無いのかなー、と思ったりしました。
『ジャポニズム』の区画には漁師小屋を異なるアングル、タッチで描いた作品が並んでいました。同じ年(1882年)に描かれているのですが、空の色、海の色、「光の捕らえ方」が全く違っていて、面白いです。描いた日の天気が違う、ということでは片付けられないですね。
あとは≪エトルタの日没≫がとても気に入りました。「一日の終わり」という哀愁よりはむしろ、太陽光の持つ根源的な生命力のようなものが幻想的なタッチと相まって感動的です。「モネは描きながら何を思ったんだろう。」と考えながらかなり長い時間見惚れていました。
≪ポール・ドモワの洞窟≫は近くで見るとなんだか全然わかりませんが、離れると見事な岩肌。最短距離から徐々に離れて楽しみたい作品です。


モネ大回顧展(国立新美術館)-美術展・展覧会の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
アートで候。会田誠 山口晃展(上野の森美術館)-美術展・展覧会の感想-
2007-06-16 Sat 01:41
6月の某日、上野の森美術館で『アートで候。会田誠・山口晃』展を展覧しました。

a1.jpg
上野の森美術館の壁にある看板。山口氏の細かい絵を背景にした会田氏の「大山椒魚」。

見る前から薄々気づいてましたが、会田誠さんはド変態ですな。嫌いじゃ無いですよ。
山口晃さんの作品は上手いんだけど、いまいちピンと来なかったかな

アートで候。会田誠 山口晃展(上野の森美術館)-美術展・展覧会の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
「ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語―夢の楽園」展(原美術館)-美術展の感想-
2007-06-01 Fri 02:34
5月の後半に行った、ヘンリー・ダーガー展と原美術館について記しておきます。

ヘンリー・ダーガーについて僕に教えてくれたのは友人の≫orangeobjec君です。ヘンリー・ダーガー本人の特異性(知的障害と診断されたこと、孤独な生涯を送ったこと、など)と膨大な量の作品が「ヘンリーの死後」発見されたこと、そして、作品の特異性などから、短期間で理解するのは難しそうだ、と感じていたのですが、今回の展覧会は「入口」としてはちょうど良い、との思いから出掛けました。

あと、天気の良い日だったので、原美術館のオープンカフェはさぞ、気持ちよかろう、とも思っていましたよ。

原美術館は品川駅から歩いて10分くらいかな。 「こんなところに美術館なんてあるの?」 っていう感じの住宅街に、さりげなく存在します。

0hb1.jpg
緑の多い原美術館入口


「ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語―夢の楽園」展(原美術館)-美術展の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
澁澤龍彦-幻想美術館-(埼玉県立近代美術館) -美術展の感想-
2007-04-13 Fri 20:01
今日は平日休みを利用して、埼玉県立近代美術館まで出掛けてきましたよ。

埼玉県立~は≫シュルレアリスム展で初めて訪れたのですが、その時に「澁澤龍彦展」のポスターを見て、「もう一度来よう」と心に誓っていたわけです。

澁澤龍彦さんの名はオレンジ君に聞いて、
「黒魔術を日本に紹介したのは彼」
「彼無しに今の日本の幻想創作物はありえない。女神転生などのゲームも然り」
と言われていたのですが、幻想美術・シュルレアリスムを日本に広めた点でも功績がある人だと分かりました。



澁澤龍彦-幻想美術館-(埼玉県立近代美術館) -美術展の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:1 | トラックバック:0
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」(東京国立博物館)-美術展の感想-
2007-04-08 Sun 02:04
4/3の日記の続き。

この日の本来の目的はダヴィンチ展だったのですが、久しぶりに訪れた東京国立博物館なので、はしゃいでいるうちに疲れてしまいました。

ダ・ヴィンチの描いたオリジナルは「受胎告知」だけなのも知っていましたし、
「それだけじっくり見て図録買って帰るか~」
という感じになってしまいました。

1_20071212015641.jpg
受胎告知を全面に推したポスター


特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」(東京国立博物館)-美術展の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
オルセー美術館展・2回目(東京都美術館)-美術展・展覧会の感想-
2007-04-01 Sun 01:26
3月末の平日休みにオルセー美術館展へ行ってきました。

2月に一度見ているので↓

オルセー美術館展の感想①

オルセー美術館展の感想②

もう良いかな、と思ってはいたのですが、ここ最近印象派やパリに関わる美術展を連続して見ていたこともあり、「いろんな作品を見た上でもう一度見たら、違う見方もできるかな」という思いがあったのです。

また、決め手としては≫ブリヂストン美術館でモネの≪黄昏、ヴェネチツィア≫を見ているときに「ああ、《アルジャン・トゥイユの船着場》をもう一度見たいなぁ」としみじみ思った、ということがあります。

1_20071216010549.jpg
前回とは別の入口から入ったので、別の看板を撮影しましたよ。



オルセー美術館展・2回目(東京都美術館)-美術展・展覧会の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:1
シュルレアリスム展 謎をめぐる不思議な旅(埼玉県立近代美術館)-美術展・展覧会の感想-
2007-03-21 Wed 20:21
10018689442.jpg

シュルレリスム展のポスター(現実の感覚)

SURREALISMEシュルレアリスム展(謎をめぐる不思議な旅)を見に出掛けたのは3/18のこと。当初は平日に一人で行こうと思っていたのですが、友人を誘ったら結構乗り気だったので、この日に二人で見ることになりました。

埼玉県立近代美術館の2階、企画展示コーナーに足を踏み入れると、最初の区画は「序章 ようこそシュルレアリスムの世界へ」となっていました。すぐに、ルネ・マグリットの≪ジョルジェット≫-1935-という作品が目に入り、本展覧会への期待感が急激に高まってきましたよ。


シュルレアリスム展 謎をめぐる不思議な旅(埼玉県立近代美術館)-美術展・展覧会の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
じっと見る 印象派から現代まで(ブリヂストン美術館)-美術展・展覧会の感想-
2007-03-15 Thu 03:35
ブリジストン美術館は以前から気になっていて、大丸ミュージアム八重洲ブックセンター(美術書が充実している)に行ったついでに寄ろうと思っていたのですが、なかなか足が向かず、この日がはじめての訪問となりました。

ブリヂストン美術館入口
10017676561.jpg


この日は「じっと見る 印象派から現代まで」が開催されていました。
建物の中に入ると、すぐにミュージアムショップがあり、見て回りたい衝動に駆られましたが、すぐに「展覧後のほうが楽しい」と思い直して、チケット購入⇒ロッカーに荷物を預け⇒エレベーターで2階へ。

本展覧会は「ブリヂストン美術館所蔵品傑作展」的な側面も強く、ほとんどが所蔵作品であったようです。

2階に上がってすぐに並んでいた彫刻作品は展覧会の一部なんでしょうか、常設展示なのでしょうか。
パッと目に入ったのは・・・

じっと見る 印象派から現代まで(ブリヂストン美術館)-美術展・展覧会の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
~彫刻・オブジェ編~異邦人たちのパリ展(国立新美術館)-美術展の感想-
2007-03-12 Mon 23:08
~絵画編~異邦人たちのパリ展-国立新美術館-の続き

僕は元々、彫刻ってあまり興味が無かったんですよね。
国立西洋美術館の外にあるロダンとか見ても「なるほどねー」っていう感じだったんですけど、横浜美術館でダリの彫刻を見てビックリしましてね。「彫刻、すげー!!」となったわけです。


で、今回の展覧会でもいい感じの彫刻に出会えましたよ。



~彫刻・オブジェ編~異邦人たちのパリ展(国立新美術館)-美術展の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
~絵画編~異邦人たちのパリ展(国立新美術館)-美術展の感想-
2007-03-11 Sun 23:36
国立新美術館開館記念 ポンピドー・センター所蔵作品展」と銘打たれた本作品展。
展覧スペースに踏み込んですぐ目に入った、「ポンピドー・センター総裁」のメッサージに刺激的な一文を見つけました。


“後に「エコール・ド・パリ」という都合の良い呼び方でまとめられる芸術家達は(略)”


先日出かけた、青山ユニマット美術館で≫シャガールとエコール・ド・パリコレクションを見て、シャガールやピカソ、異邦人たちのパリ展のポスターにも使われているレオナール・フジタ(藤田嗣治)らの作品を見ていたので「タイムリー」とだけ思っていたのですが、ポンピドー・センターの総裁は「エ・コール・ド・パリ(=パリ派)」なんて表現は「都合の良い表現に過ぎない」すなわち、当時のパリの状況は「そんな言葉に集約されるほど単純なものではない」と言いたいのでしょうか。
同じ作家を扱っていても主催者が伝えたいものは違うのかなー、と妙に神妙な気分で歩を進めた記憶があります。


~絵画編~異邦人たちのパリ展(国立新美術館)-美術展の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
川村記念美術館の全館コレクション展示 「コレクション・ハイライト」-美術展の感想-
2007-03-07 Wed 02:09
さて、川村記念美術館に付いたのが14時半頃、30分ほど敷地内をうろうろして、解放的な気分になった所で、一番の目的である“全館コレクション展示 「コレクション・ハイライト」”を見るため館内に。
川村記念美術館の外観はこちら


一つ目の展示室に入ってすぐ目に入ったのは

クロード・モネ≪睡蓮≫-1907-モネは睡蓮の絵を随分沢山かいてますね。僕も国立西洋美術館の常設展示で数回見てますし、この数日後(3/8)にブリヂストン美術館でも見てます。モネの作品は見る距離で印象が全然違いますが、≪睡蓮≫はその典型でしょうね。


ルネ・マグリット≪冒険の衣服≫-1926-
尼さんのような格好(ほとんど裸)で目を瞑ったまま横たわる女性と宙に浮かぶ亀の絵。マグリットの得意とするデペイズマンの手法なのでしょうが、抑えた色使いも相まってなかなか面白い作品。「マグリットの作品の平坦さが嫌」という人に出会ったことがありますが、マグリットの絵に奥行きとかリアリティを求めてもしょうがない気がします。この絵で、半裸の女性がエロスを感じさせる肉感的な画風だったり、亀がヌメッとして生々しかったら、作品の主点がずれると思います。素直に組み合わせを楽しめばいいと思うんですけどね。ちなみにマグリットは僕の「好きな画家ベスト3(2007年現在)」の一人です。後の二人はデ・キリコとダリ。



川村記念美術館の全館コレクション展示 「コレクション・ハイライト」-美術展の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
シャガールとエコール・ド・パリコレクション/ミレー、コローとクールベ展(青山ユニマット美術館)-美術展の感想-
2007-02-13 Tue 23:08
この日は当初行く予定だった国立新美術館が休館だったので六本木から大江戸線で青山一丁目に移動。青山ユニマット美術館に行くのも駅に降りるのも初めてです。

メインストリートではなく裏路地を歩いたので「本当にこんな所に美術館あるの?」という感じの道のりでしたが、ありました。青山ユニマット美術館
あんまり美術館ぽくはないですが、小綺麗な建物ですね。では館内へ。

↓お洒落な入り口ですね。
10015939299.jpg



シャガールとエコール・ド・パリコレクション/ミレー、コローとクールベ展(青山ユニマット美術館)-美術展の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
続き・・・オルセー美術館展 19世紀 芸術家たちの楽園(東京都美術館)
2007-02-10 Sat 03:35
オルセー美術館展の記事の続き

前回の記事で、「ルノワールの絵を真剣に見たのは初めて」みたいな事を書きましたが、「クリーブランド美術館展」で「ロメーヌ・ラコー」という肖像画を見てましたよ。10分近くかけてじっくりと。
ルノワールの名前と結びつかなかった。良い絵ですよ、あれも。

では本題に戻りましょう。
「Ⅱ 特別な場所」の区画の後半には数点、写真作品が並んでいました。

解説文には『写真の発明以来、画家達は写真と戦うことを余儀なくされた』『感じたままを描く印象派の発展は写真との差別化を意識したことが大きい』みたいな記述があり(『』内はうろ覚え。図録にこの記述を見つけられない・・・)、「印象派っていうのはそういう側面もあるのか」と感心しました。


続き・・・オルセー美術館展 19世紀 芸術家たちの楽園(東京都美術館)…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
| 虹色新天地 |
| 虹色新天地 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。