トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
ベルギー王立美術館展(国立西洋美術館)-美術展・展覧会の感想-
2006-09-30 Sat 08:12
bbbbbb.jpg

去る9月23日、上野の国立西洋美術館へ「ベルギー王立美術館展」を見に行ってきました。

目当てはルネ・マグリットピーテル・ブリューゲル(父)。特にマグリットの「光の帝国」が見られるとあれば、行かないわけにはいきません。

私がマグリットを意識したのは≫すぐわかる画家別幻想美術の見かたという本でマグリットの経歴と共に紹介されていた「光の帝国」を目にしてからです。

ブリューゲルを意識したのは私の好きなヒエロ二ムス・ボスについて語る解説文によく彼の名が出てきたことと、横浜美術館のミュージアムショップで彼の作品の立体模型(リフティングイメージ)が奇妙な魅力に溢れていたからです。

(ちなみにヒエロ二ムス・ボスと彼の作品「快楽の園」について知ったのも≫すぐわかる画家別幻想美術の見かたです。)

館内は土曜日と言うこともあって、かなり混んでいました。国立西洋美術館は、急に階段が現れたり、迷路のように曲がりくねった造りで、面白いです。


ベルギー王立美術館展(国立西洋美術館)-美術展・展覧会の感想-…の続きを読む
スポンサーサイト
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
| 虹色新天地 |
| 虹色新天地 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。