トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
アンカー展(Bunkamuraザ・ミュージアム)-美術展の感想-
2008-01-29 Tue 23:56
1/13東京オペラシティで、「北欧モダン デザイン&クラフト」を見た後、渋谷に移動。
友人と約束した夕食までの時間をBunkamuraザ・ミュージアムで過ごすこととしました。
(東京オペラシティからの移動、ということで、損保ジャパン東郷青児美術館を候補として考えてたんですけど。)

失礼を承知で言わせてもらいますと、アンカー展を見ようと決めた時点では「画家・アンカー」にはあまり期待はしていなかったんですね。スイスでは有名だけど、日本では知名度が低い、という説明通り、僕は彼についての情報を持ち合わせていませんでしたし、「画家・アンカー」よりもむしろ「スイス」に興味があったのです。ドイツやフランスに対するイメージというのはある程度ありますが、スイスに対するイメージって漠然としています。
「有名な時計メーカーが多い」「永世中立国」「アルプスなど自然のイメージ」くらいでしょうか。
展覧会概要を軽く見た時点で「サブタイトルの『故郷スイスの村のぬくもり』を感じ取るには十分な技量の画家であるらしい。アンカーという人は。」くらいの感覚で会場へ足を踏み入れました。

まず、最初の数点を見てアンカーというスイスの国民的画家が高い技量の持ち主であることを確認することが出来、「目的は十分果たせそうだ。」とホッとしました。
コローや、クールベらの卓越した技術を持つ写実画家の絵を見て「凄いけど、面白くは無いな。」と感じることが多いのですが、今回は「当時のスイスの雰囲気を感じ取る。」のが目的だったので、作家の技量が確かであれば良いと思っていたのです。

しかし、1点、また1点と作品を見ていくうちに、なにか惹き込まれるような、「あれ?絵がうまいだけじゃないな。作品それぞれに滲み出る魅力があるな。」と感じ始めました。

僕は幻想絵画(シュルレアリスムも含む)や、抽象絵画など「想像力をかきたてられる」ものが好みの中心です。「この絵を描いた作家はこの風景を見ながら何を思ったのだろう。」という風に「入り込みやすい」という意味では印象派の絵画(特にモネ)も好みです。

当時のスイスの村の生活が見て取れる「風俗画的」に、また「アルベール・アンカー」という画家の一作品として、それらを楽しみながら、「僕が良いと感じる写実画とそうでない写実画の違いはなんなんだろう。」と考えていました。
そこには何か、描いた作家らしさ、今回の場合だと「アンカーらしさ」というものが存在していて、作品に反映されているのだろうか。

そんなことを考えながら館内を進んで行くと、《水浴する人々》という大きな作品に出会いました。
作品に添えられた解説文は非常にすんなり頭に入るもので、“若さから老いまでがすばらしい調和で描き出されている。”ことは疑いなく、作品の魅力もまた確かなものでありました。
解説文の中で最も重要に感じられたのは“アンカーの繊細な感情移入”という言葉です。
「アンカーが一生懸命描いた結果、作品に思いが宿った」というとスピリチュアルな雰囲気になりますが、「作品を通して何を描きたいのか、確かな意志をもって決定し、そこに『強い思い』を乗せて描いた。」というと、ごく現実的なプロセスに思えます。

より詳しいことは、図録を通して知ることが出来ました。

アンカー展(Bunkamuraザ・ミュージアム)-美術展の感想-…の続きを読む
スポンサーサイト
美術展・展覧会の感想 | コメント:4 | トラックバック:2
このブログ「虹色新天地」について
2008-01-25 Fri 23:45
このブログのメインは≫美術展・展覧会の感想です。関係ない話も多いですが。
同じ美術展に行った方はコメント・TBしていただけるとうれしいです。古い記事でもどうぞ、ご遠慮なく。
TBは承認後反映される設定です。

タグ:美術 美術展 展覧会 美術館 博物館 美術書 芸術 絵画 シュルレアリスム アート 

↓ブログランキング参加中
にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング 人気ブログランキング fc2ブログランキング  ブログランキング 


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
北欧モダン デザイン&クラフト(東京オペラシティアートギャラリー)-美術展の感想-
2008-01-20 Sun 02:20
僕は元々「北欧好き」と言うわけではないのですが、「面白いデザインだな。」「素敵な色使いだな。」と思ったものが「北欧製」だったという経験は多々あります。

ドイツ・フランス・イギリス他の実用工芸品というのは、大体想像の範囲内に収まりますが、北欧のものは、僕の固定観念の殻を“気持ち良く”破ってくれることがありますね。

僕の持っている北欧に関する情報と言うのは偏っているので、今回の「北欧モダン デザイン&クラフト」を見ることで、偏りを減らした上で、今後のさらなる興味に繋がるものが見つかれば理想的だな、と思っていました。


展覧会を見る前から、北欧のメーカー名はある程度知ってたんですよ。
北欧で、陶器というと、ロイヤルコペンハーゲン、アラビア・・・ガラスだとイッタラ、コスタボダ・・・辺りはどこの国かと大体の作風も分かるかな。
B&Gがロイヤルコペンハーゲンに吸収されてる、アラビアが近年イッタラに吸収された、コスタボダがコスタとボダの合併会社で、最近、オレフォスも吸収した、というのも形式的には知ってます(事情とか、詳しい年代までは頭に入ってません。吸収なのか、合併なのかも怪しいです)。

あとは、
グスタフスベリってどこの国だっけ?
バランスチェアのストッケってノルウェー?ホーグはどこ?
マリメッコって聞いたことあるけど、何のメーカー?

という感じ。



でも・・・地図上で、どれがどの国かは頭に入ってないのです。

学生時代、「テストに出るから」という理由で「スカンジナビア半島」「フィヨルド」「白夜」くらいの単語は覚えましたけど。
この日は、北欧に興味があって、自ら足を運んでいるわけですから学ぶ気満々ですよー。
北欧モダン デザイン&クラフト(東京オペラシティアートギャラリー)-美術展の感想-…の続きを読む
美術展・展覧会の感想 | コメント:4 | トラックバック:3
今年初の美術展と今後の予定
2008-01-19 Sat 23:55
2008年、最初のブログ更新となります。今年もよろしくお願いいたします。

本年初の美術展めぐりは1/13となりました。

新宿の東京オペラシティで「北欧モダン デザイン&クラフト展」
渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで「アンカー展」

の2展をはしご。


北欧モダン~は自分の持ってる北欧に関する「知識」(もしくは知識とまではいかない「情報」)の埋め合わせにちょうど良いかな、と思っていたのですが、その目的は十分に果たせました。今日の時点ではもう終わってしまってますね。感想はまだ下書きの段階です。

アンカー展は「故郷スイスの村のぬくもり」のサブタイトルを見て、「19世紀のスイスの雰囲気が感じられればいいかな。ドイツやフランス辺りと違って、スイスの雰囲気って意外と知らないし」という程度の気持ちで行ったのですが、想像よりはるかに楽しめました。写実画って、ピンとこないことが多いのですが、食わず嫌いは駄目ですね。
こちらの詳しい感想は書きあがるまでしばらくかかると思います。




今後の予定としては、

・ブリヂストン美術館の「ブリヂストン美術館コレクション展」
・サントリー美術館の「ロートレック展」
・東京都美術館の「ルーブル美術館展」

は行こうと思います。
ブリヂストン~は前回のコレクション展に行ってるので、作品はかぶるんだけど、あそこの雰囲気が好きなんですよね。もうすぐ終わるので、チャンスは1日しかないなぁ。

ロートレックは美術書で見て気になってたのと、オルセー美術館展で1点実際に見てるかな。
国立新美術館に行った帰りに入口までは行ったことがあるけど、ロートレック展が僕の「サントリー美術館デビュー」となりそうです。鳥獣戯画展、行っておけば良かった・・・。

東京都美術館は良い企画展が多いので、足を運んだ回数が一番多い美術館です。しかし・・・人気のある企画展の時は、ロッカーの確保が難しいんだなぁ。オルセー美術館展の時、ロッカー前が軽く戦場と化してたもんなぁ。ルーブルも混むだろ~。
参考≫オルセー美術館展の感想



なにかオススメの美術展がありましたら、教えてください。シュルレアリスム・幻想美術・印象派あたりが好みです。神奈川県内、東京都内を中心に、場合によっては埼玉、千葉も出かけますよ。

あと、サントリー美術館と国立新美術館の共催?でピカソ展が開催されるって新聞で見た気がするのですが、自信がなくなってきた。ネットで情報が見つからない。

美術全般日記 | コメント:2 | トラックバック:0
| 虹色新天地 |
| 虹色新天地 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。