トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
『巨匠デ・キリコ展-東洋の理想』(大丸ミュージアム・東京)-美術展・展覧会の感想-
2005-10-14 Fri 07:57
ggggggggggggg.jpg

今日は平日休みを利用して、大丸ミュージアムへ出掛けてきました。大丸ミュージアムは『 ドイツ・ヒルデスハイム博物館所蔵 古代エジプト展』以来2回目です。

大丸ミュージアムの魅力は遅い時間までやっていること。6時前に閉館する美術館が圧倒的に多い中で、8時閉館というのはうれしいですね。デパートの1フロアですので、広くは無いですが、僕の中では「こじんまりと楽しめるミュージアム」という好印象です。

今回の展覧は「デ・キリコ財団所蔵品より、初出品を含む後期代表作を展観」したものです。僕はどちらかというと、1910年代の「形而上絵画」の方に興味があるのですが、今回の展覧会(1920年以降の作品)も楽しめました。

多くの作品がガラス無しの額装で間近で見られるため、生々しいほどの迫力で絵のタッチが楽しめるのがうれしかったですね。抑え目の照明も良かったです。ガラス付きの額で、照明が蛍光灯だと光って見づらいんですよね(有名な美術館でも照明に気を使っていないことが意外と多い)。



絵画作品だと、『噴水のあるイタリア広場』『不安を与えるミューズたち』のような見覚えのある有名作品を見られたのはやはり感慨深かったです。色数を抑えた作品『城への帰還』は初めて見たのですが、好きな作品の一つとなりました。

『へクトルとアンドロマケ』や『吟遊詩人』『孤独な詩人』などの彫刻作品が多く見られたのも、展覧会ならでは。彫刻は図録や作品集で見ても面白くないですからね。

作品の良し悪しと違う所で気になったのは、作品そのものに書き入れられた年数と作品説明に添えられた年数に違いがあること。これは、会場内にも説明が貼られていたのですが、デ・キリコ財団側の指示によるものだったようです。

シュルレアリスム宣言で知られるアンドレ・ブルトンは1910年代のデ・キリコ作品を高く評価する一方、1920年代以降の古典回帰・自作の模写を酷評します。

僕が今まで読んだ本によると、ブルトン他、当時のシュルレアリストのみならず、1910年代のデ・キリコ作品しか評価しない人は多いようです。かくいう僕も1910年代の作風の方が好きなのですが、ブルトンほど極端ではありません(ブルトンはデ・キリコのことを「シュルレアリスムの裏切り者」とまで評しています)。

それに対して、デ・キリコ財団側は1920年代以降の作品を「新形而上絵画」として評価しなおそうという立場のようです。会場内のデ・キリコ年表にあったのですが、キリコは生前のある美術展に出展された初期作品を「あれは私の作品ではない」と言い出したことがあったようです。初期作品を所蔵している美術館(ニューヨーク近代美術館他)と財団側で、作品の真偽・年代を含めてきちんと整理がついているのか少し不安になってしまいました。

あと、今回初めて知ったのですが、デ・キリコは、八十日間世界一周・海底2万マイルなどで知られる≫ジュール・ベルヌ の作品がお気に入りだったようです。会場入り口にもあった文章『ジョルジョ・デ・キリコの形而上絵画(メタフィジカ)』には、本人の言葉で≫ジュール・ベルヌへの賛美が述べられています。キリコは彼の「文学」作品の場面を「イメージ」ではっきりと思い浮かべられるといい、彼の作品から大きなインスピレーションを得ていたことが伺えます。アーノルト・ベックリンが好き、というのは知っていたんですけどね。

グッズ売り場では図録(冒頭の写真)と共に、以前から欲しいと思っていた作品集≫デ・キリコ (アート・ギャラリー 現代世界の美術)を購入しました。この作品集には僕が初めて出会ったジョルジオ・デ・キリコ作品「ある一日の謎(ある日の謎)」や「通りの神秘と憂愁」「赤い塔」など1910年代の作品も沢山掲載されています。

売り場には≫すぐわかる画家別幻想美術の見かたや≫カラー版 西洋美術史など僕も持っている本が結構見受けられました。両方ベストセラーみたいですね。あとはルネ・マグリットサルバドール・ダリの本も置いてあったのですが、僕は2人とも好きなのです。デ・キリコが好きな人はマグリットやダリにも興味があるだろう、という判断のようで、そう考えると僕は割りとベタなデ・キリコ好きなのでしょうか?

他にも美術展の感想を見る


↓ついに購入したアート・ギャラリー「現代世界の美術」シリーズの本。
デ・キリコ (アート・ギャラリー 現代世界の美術)デ・キリコ (アート・ギャラリー 現代世界の美術)
(1986/05)
峯村 敏明、多木 浩二 他

商品詳細を見る
「ある一日の謎(ある日の謎)」や「通りの神秘と憂愁」「赤い塔」など1910年代の作品(作風が変わる前の「形而上絵画」)も沢山掲載されています。大きな本で、印刷のレベルも高いのでオススメ!


⇒クリックにほんブログ村 美術ブログへ 人気ブログランキング ブログランキング ブログランキング fc2ブログランキング

スポンサーサイト
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ICOのパッケージとデ・キリコ作品『通りの神秘と憂愁』(通りの神秘と憂鬱) | 虹色新天地 | M・C・エッシャー―グラフィック (ニューベーシック・アート・シリーズ)-TASCHEN社の本->>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 虹色新天地 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。