トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
横浜美術館は僕のお気に入り~ランドマークタワーの近く
2006-10-06 Fri 02:00
最近取った写真のデータを落とした後、PCの写真フォルダを整理していたのですが、ブログ用に取ったのに使っていない写真が沢山ありました。

その中から今回は横浜美術館の外観の写真を掲載してみます。

↓イサム・ノグチ展を見に行った時に撮った写真です。
y1.jpg




横浜美術館正面
y2.jpg



そういえば、イサム・ノグチ展、行ったのに記事にしてないですね。(東京都現代美術館のも行った)


横浜美術館はダダ・シュルレアリスムに理解のある美術館で、

ジョルジオ・デ・キリコ
「ヘクトルとアンドロマケ(ブロンズ彫刻)」

サルバド-ル・ダリ
「幻想的風景―暁、英雄的昼、夕暮(油彩画)」
「ニュートンを讃えて(ブロンズ彫刻)」
「バラの頭の女性(ブロンズ/プラスティック)」


ルネ・マグリット
「王様の美術館(油彩)」
「レカミエ夫人(ブロンズ彫刻)」


などが常設展示されています。
他にも、マックス・エルンスト、イヴ・タンギー、ポール・デルヴォー、ヴァシリィ・カンディンスキー、パウル・クレーらの作品が1~数点ずつ展示されています。

僕の好きな作品、好きな作家だけ列記しましたが、かなりボリュームがありますよ。

しかも、常設展示品は写真撮影OKなんです。注意点としては「携帯電話のカメラでは撮影不可」ということ。デジカメはいいけど、携帯電話そのものの使用が禁止だかららしい。

また、「絵画は真正面からバッチリ撮っちゃだめ」という曖昧なルールもあります。

(どっちも実際に注意された)

あと、「バラの頭の女性」を撮影してたら、警備員の人に「この作品はどのへんが良いんですか?」と熱心に聞かれて困ったことがあります。そのあと、4~5回話しかけられました。「この作品について解説してくれ」みたいな感じで。

・・・解説できるほど詳しくないっつーの!!

話がそれましたが、ダリの「バラの頭の女性」と「ニュートンを讃えて」は彫刻にあまり興味のない僕がびびったくらいなので、見るべき価値のある傑作と思います。

なお、彫刻と大きい絵画は常設展示のようですが、一応、横浜美術館のHPで、現在の展示品を確かめてから行ってください。

横浜美術館越しに見る、ランドマークタワー。美術館へは「桜木町駅」か「みなとみらい駅」が近いです。
y3.jpg



美術展の感想を見る

⇒クリックにほんブログ村 美術ブログへ 人気ブログランキング ブログランキング ブログランキング fc2ブログランキング
スポンサーサイト
美術館・博物館・施設 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ロダンの「考える人」と「地獄の門」-国立西洋美術館前 | 虹色新天地 | ベルギー王立美術館展(国立西洋美術館)-美術展・展覧会の感想->>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 虹色新天地 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。