トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
興味の外堀を埋める~西洋美術史・20世紀の美術
2007-12-02 Sun 21:13
私が興味を抱いた事象というのは「美術史」という流れ、いわば『線』に対して「アール・ヌーヴォー」であるとか「アール・デコ」であるとか「シュルレアリスム」といった『点』であると言えます。(「ジョルジオ・デ・キリコ」であるとか「アルフォンス・ミュシャ」といった「人物」は『点』の中でもさらにピンポイントですね。)

それで、たとえば「アール・ヌーヴォー」がどういう歴史背景から生まれたのか、ですとか「アール・ヌーヴォー」から「アール・デコ」へどのように移行したのかといった部分は現時点ではあまり良く分かっていないわけです。

そこで興味を持った『点と点を線で結ぶ』、もしくは『点の周りを塗りつぶす』べく2冊の本を購入しました。 「≫カラー版 西洋美術史 」と「≫カラー版 20世紀の美術 」の2冊です。




西洋美術史の冒頭から読み始めたのですが、少しずつ苦痛になってきました。「まるでテスト勉強だ。」と思いました。 自分の興味のあることを勉強しようというのに、「これではいかん」と思い、読み方を変えました。文章を詳細に読み込むことはせずに目に付いた「写真」と「言葉」をチェックしながらざっと最後まで目を通してみました。
すると、写真が豊富なので見ていて面白いのと、項目によっては連続して気になる絵が続き、「この分野には興味が出そうだ。」と確認できました。 そもそも考えてみると『点と点を結ぶ』にしても手持ちの『点』の数自体が圧倒的に少ないのに気づきました。なのでざっと目を通したことで「バロック」であるとか「ロココ」といった「昔、美術の時間に習ったなぁ。」というキーワードを『点』として再認識できたのも収穫でした。

現時点では「ダダ・シュルレアリズム」「ネオ・ダダ」といったキーワードが最も気になります。「ダダ」についてはすみやかに知識として自分の内に取り込みたいところです。 「20世紀の美術」の方が扱っている年数が少ない分、各分野の説明が詳細であろうと思われますので使い分けていこうと思います。2冊とも索引、用語説明が充実しているので長く実用できる本と言えそうです。

(※この記事は数年前に書いたものを手直ししたものです)


カラー版 西洋美術史カラー版 西洋美術史
(2002/12)
高階 秀爾

商品詳細を見る
美術史を流れで捉えたいという思いに応える王道の一冊。一から順に読むより、気になるところから読むと自分の好きなアーティストが「誰の影響を受けて作家活動を始めたか」とか「後世にどのような影響を与えたか」が分かりやすいと思います。


カラー版 20世紀の美術カラー版 20世紀の美術
(2000/05)
末永 照和、林 洋子 他

商品詳細を見る
20世紀に範囲を絞っているので、「歴史の勉強」的な重苦しさがなく読みやすい本と思います。戦前、戦後に世界でどのような美術運動が行われたのか、などが良く分かります。



他の美術展の感想を見る

⇒クリックにほんブログ村 美術ブログへ 人気ブログランキング ブログランキング ブログランキング fc2ブログランキング
スポンサーサイト
美術全般日記 | コメント:0 | トラックバック:1
<<ジョルジオ・デ・キリコとの出会い~すぐわかる画家別幻想美術の見かた | 虹色新天地 | FC2ブログではじめるこだわりブログ FC2 BLOG 公式ガイド>>
この記事のコメント
コメントの投稿


「怖い」、この言葉を耳にしたら我々は恐怖を感じるだろうし、それに本書のタイトルである『怖い絵』という文字を見たら、著者である中野京子氏が本書にて扱っている絵はどんな絵なのだろうかと我々は想像せざるを得ない。 中野氏が本書で扱っている絵はドガの『エトワー?... …
2007-12-30 Sun 01:10 美術史をあげる
| 虹色新天地 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。