トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
澁澤龍彦-幻想美術館-(埼玉県立近代美術館) -美術展の感想-
2007-04-13 Fri 20:01
今日は平日休みを利用して、埼玉県立近代美術館まで出掛けてきましたよ。

埼玉県立~は≫シュルレアリスム展で初めて訪れたのですが、その時に「澁澤龍彦展」のポスターを見て、「もう一度来よう」と心に誓っていたわけです。

澁澤龍彦さんの名はオレンジ君に聞いて、
「黒魔術を日本に紹介したのは彼」
「彼無しに今の日本の幻想創作物はありえない。女神転生などのゲームも然り」
と言われていたのですが、幻想美術・シュルレアリスムを日本に広めた点でも功績がある人だと分かりました。




本展ではオディロン・ルドン、マックス・エルンスト、ルネ・マグリットらの作品が多く、僕の興味と重なる部分が多くて、楽しめましたよ。
アンチンボルトの作品を実際に見るのは初めてでした。前から気にはなってたんですけど。1500年代の作品を見られるなんて、すごいことですよね。保存状態も良かった。アンチンボルドが後年、評価されたのは澁澤氏による所が大きいとのこと。

シュルレアリスム展の時はそんなに遠いと思わなかった北浦和ですが、今日は遠く感じました。
(この記事は編集中です)

ジュゼッペ・アルチンボルド (タッシェン・ニューベーシック・アート・シリーズ)ジュゼッペ・アルチンボルド (タッシェン・ニューベーシック・アート・シリーズ)
(2001/06)
ヴェルナー クリ―ゲスコルテ

商品詳細を見る
タッシェン社のニュー・ベーシック・アート・シリーズは「安い」「見やすい」「面白い」。
澁澤龍彦もお気に入りだったジュゼッペ・アルチンボルドに興味を持ち始めた人にオススメ!


黒魔術の手帖 (文春文庫)黒魔術の手帖 (文春文庫)
(2004/02)
渋沢 龍彦

商品詳細を見る



他の美術展の感想を見る

⇒クリックにほんブログ村 美術ブログへ 人気ブログランキング ブログランキング ブログランキング fc2ブログランキング
スポンサーサイト
美術展・展覧会の感想 | コメント:1 | トラックバック:0
<<本郷三原堂の苺さくら餅(季節の和菓子) | 虹色新天地 | 東京国立博物館・表慶館の建物>>
この記事のコメント
埼玉近美でやっている展覧会,西洋版画オンパレード!これは評価高し!って感じです。ぜひおススメしますよ!
2008-04-16 Wed 01:12 | URL | YOーKO #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| 虹色新天地 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。