トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
ピカソとモディリアーニの時代/リール近代美術館所蔵(Bunkamura ザ・ミュージアム)-美術展の感想-
2006-10-29 Sun 01:26
ピカソとモディリアーニの時代」を見たのは、新宿で≫ウィーン美術アカデミー名品展を見たのと同じ10月13日(金)の平日休み。

ウィーン美術アカデミー名品展を見終えて、外に出ようと思ったところ、友人から「今、西新宿にいる」というメールをもらったので、合流して18時ごろまで一緒に。別れた後、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムへ向かったのでした。金曜日は遅くまで開いているのを知っていたから、焦りませんでしたよ。

Bunkamura ザ・ミュージアムへ来るのは、2004年末の「流行するポップアート展」以来。展覧する予定だった「エミール・ガレとドーム兄弟」に行きそびれたために、随分ご無沙汰となってしまいました。


実は、僕は美術書や作品集を見ても、ピカソ、モディリアーニに惹かれたことはありません。今回、この展覧会に来ようと思ったのは、「キュビズム」について語られる時、ピカソと並んで名前の挙がる「ジョルジュ・ブラック」に興味があったからと、ユトリロ、カンディンスキー、クレーが来ているとどこかで目にしたからです。


さて、本展覧会を見ても事前のイメージを覆されることはありませんでした。キュビズムの作品も「お、いいな」と思うと大概、ブラックのものでした。
ユトリロの作品は落ち着いた色合いで、絵に奥行きがあり、見入ってしまいます。ユトリロの作品をまとめてがっちり見たいなぁ、と思いました。
カンディンスキー、クレーの作品はいろんな美術館でよく出会うのですが僕の中では非常に打率が高い作家です。本展ではカンディンスキーの作品の方が僕の好みでした。

Bunkamura ザ・ミュージアムは中々ユニークな企画展を開催する場所なので、また近いうちに訪れると思います。

他の美術展の感想を見る

⇒クリックにほんブログ村 美術ブログへ 人気ブログランキング ブログランキング ブログランキング fc2ブログランキング
スポンサーサイト
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
<<一冊でわかる絵画の楽しみ方ガイド―印象派、写実主義から抽象絵画、シュルレアリスムまで -オススメ美術書- | 虹色新天地 | ウィーン美術アカデミー名品展(損保ジャパン東郷青児美術館)-美術展の感想->>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 虹色新天地 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。