トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
「ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語―夢の楽園」展(原美術館)-美術展の感想-
2007-06-01 Fri 02:34
5月の後半に行った、ヘンリー・ダーガー展と原美術館について記しておきます。

ヘンリー・ダーガーについて僕に教えてくれたのは友人の≫orangeobjec君です。ヘンリー・ダーガー本人の特異性(知的障害と診断されたこと、孤独な生涯を送ったこと、など)と膨大な量の作品が「ヘンリーの死後」発見されたこと、そして、作品の特異性などから、短期間で理解するのは難しそうだ、と感じていたのですが、今回の展覧会は「入口」としてはちょうど良い、との思いから出掛けました。

あと、天気の良い日だったので、原美術館のオープンカフェはさぞ、気持ちよかろう、とも思っていましたよ。

原美術館は品川駅から歩いて10分くらいかな。 「こんなところに美術館なんてあるの?」 っていう感じの住宅街に、さりげなく存在します。

0hb1.jpg
緑の多い原美術館入口



0hb2.jpg
ヘンリー・ダーガー展の看板

0hb3.jpg
右奥に見えるのが原美術館入口


原美術館はこじんまりしたスペースなので、作品数はそう多くありませんでしたが、あれでも日本国内では珍しいほど多数の作品展示であったようです。

ヘンリーの作品は本来は「物語」であって、断片的に見せられてもちょっと難しい部分はありましたが「ヴィヴィアンガールズ」っていうのは発想といい、響きといい、クールですね。あと、ヘンリーの作品が世に出るにあたって、家主のネイサンラーナーの役割が大きかったことも興味深かったです。

「アウトサイダー アート」というジャンルそのものに触れたのもほぼ初めてなので、今後の美術展めぐりに繋がっていくと良いな、と思ってます。


ヘンリー・ダーガー展の展覧もそこそこに、≫オープンカフェへ移動


↓ブログランキング参加中
にほんブログ村 美術ブログへ 人気ブログランキング ブログランキング ブログランキング fc2ブログランキング  

いろんな美術展の感想を見る
スポンサーサイト
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
<<原美術館のオープンカフェは天気が良いと気持ち良いよね | 虹色新天地 | マックス・エルンスト 〔骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書〕 (シュルレアリスムと画家叢書 骰子の7の目)-オススメ美術書->>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 虹色新天地 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。