トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
ベルギービール&カフェ Patrasche でベルギービールを飲む-ラゾーナ川崎-
2007-02-19 Mon 00:31
2/18、川崎シネチッタで「どろろ」を見た後、ラゾーナ川崎へ移動。目的地はベルギービール&カフェ『Patrasche』です。
僕は「デュベル」は飲んだことがあったのですが、友人はベルギービールを飲んだことが無いとの事で、一緒に飲もう、という話をしていたのです。

『Patrasche』はラゾーナの4階。

↓入り口には本日の限定ビールの案内が。さっそく二人で入店。
1.jpg
「現在、日本で飲めるのはおそらく当店だけです」とのこと。「樽生は」ってことかな。



店内に入ったのは16時半くらい。ディナーメニューは17時からとの事で、今日は軽く食べるのは軽めでビールを堪能しよう、という話に。

1杯目は入り口で案内されていた限定ビールにしましたよ。




↓コレが限定樽生ビール「サンフーヤン キュベデノエル」
2.jpg3.jpg
お店に入る前に結構歩き回ってのどが渇いていたので、写真を撮る前に飲んでしまいました(笑)、右の写真ね。

「苦味、コク、甘みのバランスが絶妙なノエルビール」とのこと。「ノエルビール」というのは、クリスマス限定醸造のことで、「サンフーヤン」はベルギーワロン地区のサンフーヤン醸造所で造られるんだって!

で、このビールがめちゃ美味い!アルコール度数9%とは思えない口当たりの良さ。一般的な黒ビールほどクドくはないんだよね。「苦味、コク、甘みのバランスが絶妙」っていうのは偽りなしだった。樽生だから余計に美味しいのかな。

↓2杯目ホメル
4.jpg5.jpg

『Patrasche』はすごい種類のベルギービールがあるのですが、1杯目が美味しかったので「やっぱ樽生の方がいいかな」と思い樽生の中からチョイス。

「パイナップルのような香りがあり、甘みと苦味のバランスがとれたビール」とのこと。1杯目のサンフーヤンがコクがあったのに対して、ホメルは軽くて飲みやすかった。

今度はさっきの反省を生かして飲む前に写真を撮りましたよ(↑右)。ホメルの後ろにあるのはソーセージ盛り合わせとベルギー風フライドポテト(正式名称は忘れた)。

友人はカクテルスタイルの甘いビール(フルーツミックス)を飲んでいました。一口もらいましたが、あれはあれでおいしかったなぁ。


↓3杯目はDuvel(デュベル)。世界一魔性を秘めたビール。デュベル=悪魔
6.jpg

デュベルは飲んだことあるんですよ。≫ベルギー王立美術館展に行った時、ショップでグラスを買って持ってます。ベルギービールは専用のグラスで飲むっていうのが面白いですよね。

初めて飲んだ1~2杯目のベルギービールと、飲んだことのあるデュベルの味の違いを比べたかったのです。

結果から言うと、味だけで言うならデュベルを2杯目にすればよかったかな。一番苦くてガツンと来る味なので、ソーセージと相性がよさそう。

今日飲んだ3種なら、

軽めのホメルで飲み始めて、デュベルでソーセージを楽しみ、コクのあるサンフーヤンで締める

のが良さそう。



サンフーヤンが一番美味しかったけど、料理と合わせるとどうだろうか?



ベルギービールは居酒屋で飲む生ビールより割高ですが、「たまにはこういうのも良いね」と良い感じで酔えました。

『Patrasche』はもっと敷居の高い感じを創造していたのですが、思ったより気軽にくつろげる感じでしたよ。一人で来てる女性とかも居ました。


↓4階から見下ろす、ラゾーナ川崎中央部(お店を出たところで撮影)
7_20071207235650.jpg



いろんな美術展の感想を見る

↓ブログランキング参加中
fc2ブログランキング  にほんブログ村 美術ブログへ 人気ブログランキング ブログランキング ブログランキング 
スポンサーサイト
外食・グルメ | コメント:0 | トラックバック:0
<<千葉県の佐倉に出掛けてきましたよ-佐倉市の空の写真- | 虹色新天地 | オ・デリス・ド・本郷(フレンチカフェ&レストラン)-本郷三丁目->>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 虹色新天地 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。