トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」(東京国立博物館)-美術展の感想-
2007-04-08 Sun 02:04
4/3の日記の続き。

この日の本来の目的はダヴィンチ展だったのですが、久しぶりに訪れた東京国立博物館なので、はしゃいでいるうちに疲れてしまいました。

ダ・ヴィンチの描いたオリジナルは「受胎告知」だけなのも知っていましたし、
「それだけじっくり見て図録買って帰るか~」
という感じになってしまいました。

1_20071212015641.jpg
受胎告知を全面に推したポスター



2_20071212015653.jpg
この奥に「受胎告知」が展示されています


空港並みの物々しい危険物検査、そして絵の前で立ち止まれない仰々しさが批判の対象となっていますが、まぁ良いんじゃないの?十分良く見られましたよ。

本館には「受胎告知」のオリジナル、平成館にはその解説や、ダヴィンチの実験について詳細に説明されている区画が。

平成館の方も一通り見ましたが、図録を読んでからもう一回見たほうが面白そう。

3_20071212015704.jpg
第2会場は平成館

そもそも、僕はダヴィンチについては良く知らないんですよね。興味が無くは無いんですけど。第2会場の企画は予備知識が無い状態ではちょっと楽しめないよね。良い機会なんで、もう一回来ま~す。

東京国立博物館はとても楽しい所ですが、常設展示と企画展の内容が全然リンクしないので、どうしたもんかな。

早起きして、「午前2時間ダヴィンチ展、午後3時間常設展示」くらいじゃないと楽しみきれないよね。常設展示3時間じゃ全然足りないんだけど、本当は。


とんぼの本 こんなに面白い東京国立博物館 (とんぼの本)とんぼの本 こんなに面白い東京国立博物館 (とんぼの本)
(2005/04/21)
不明

商品詳細を見る
本当にタイトル通り。東京国立博物館って、こんなに見るべきものがあるんだ!と感心します。


↓ブログランキング参加中
人気ブログランキング fc2ブログランキング  にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング ブログランキング 

いろんな美術展の感想を見る
スポンサーサイト
美術展・展覧会の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
<<東京国立博物館・表慶館の建物 | 虹色新天地 | 東京国立博物館本館内部>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 虹色新天地 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。