トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
横浜美術館常設展示-サルバドール・ダリの作品
2007-12-18 Tue 19:21
先日まで横浜美術館で開催されていた≫「シュルレアリスムと美術」展ですが、横浜美術館の常設展示品も企画展にまわったり、場所が変わったりしていましたね。
彫刻作品は後ろとか横に回りこめない位置に置いてあったので、以前撮った写真を載せてみようと思います。
横浜美術館の常設展示品はデジカメ撮影可。ただし携帯電話のカメラは不可)

10010846297.jpg 10010846298.jpg
サルバドール・ダリ《バラの頭の女性》-1981-


この彫刻を初めて目にしたとき、「なんか、すげえ!」とびっくりしました。
作品の足元にあるプレートにダリの名を見つけたとき、妙に納得したのを覚えています。




10010846301.jpg
特に手が美しいよね。

10010846293a.jpg10010846294a.jpg
シュスレアリスム展示室

奥の三連絵画はこんかい、企画展(シュルレアリスム展)の方に回っていた、サルバドール・ダリ《幻想的風景―暁、英雄的昼、夕暮》-1942-

こんな作品が普段は常設展示なのだから、横浜美術館は凄いですよね。


左にある彫刻がサルバドール・ダリ《ニュートンを讃えて》-1969年-

10010846295.jpg 10010846296.jpg
《ニュートンを讃えて》正面               背面


《ニュートンを讃えて》は今回、常設展示の区画にも企画展の区画にもありませんでした。貸し出し中なのでしょうか?また間近でみたいなぁ。所有欲に駆られる造型です。ミニチュアが欲しい。




いろんな美術展の感想を見る

↓ブログランキング参加中
にほんブログ村 美術ブログへ 人気ブログランキング ブログランキング ブログランキング fc2ブログランキング 
スポンサーサイト
美術館・博物館・施設 | コメント:0 | トラックバック:0
<<横浜美術館常設展示-ルネ・マグリットの作品 | 虹色新天地 | フィラデルフィア美術館展 印象派と20世紀の美術(東京都美術館)-美術展の感想->>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 虹色新天地 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。