トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
六本木・国立新美術館の建物の写真
2007-12-23 Sun 04:02
東京ミッドタウンの「サントリー美術館」と六本木ヒルズの「森美術館」、そしてこの「国立新美術館」で“六本木アート・トライアングル”と言うとか、言わないとか。

上野を中心とした旧来型の美術館と対比されて語られることも多いですね。

c4.jpg
国立新美術館の外観

昔ながらの美術館は月曜休みが基本。そして閉館時間が早い。六本木を中心に、現代型の美術館は仕事帰りに、また、お洒落な休日の予定の一つに組み込む、といった使われ方が多いかと思います。

「よ~し、今日は美術館に行くぞ~!」とばかりに出かけて、広い公園内を散歩。やがて現れる美術館。その周りで半日過ごす。僕はそんな休日も好きですけどね。

ちょっと話が脱線しました。

c1.jpg
雨の日の国立新美術館

国立新美術館は、先日亡くなった黒川紀章氏の晩年の代表作ということになってしまいましたね。美術館オープン時に黒川紀章展もやっていました。

c2.jpg
美術館の入口から入って、奥に向かって撮影

で、僕は建築のことは詳しくないのですが(興味はあるし、建物を外から眺めるのは好きですよ)、誰かに聞いた話によると、こういう大きな建物で、「入口から続く1階のフロアを木製にする」って異例らしいです。なぜなら「雨の日、ベタベタになって大変だから」とのこと。聞いた話ですよ。

c3.jpg
奥から入口の方に向かって撮影した写真。確かに見事な木製フロア。

国立新美術館の展示区画は人がごった返してても作品が見やすい印象があり、僕としては非常に心地よい空間です。あと、建築様式とは関係ないかもしれませんが、照明に気を使ってますね。作品が見易いです。美術展で照明に不満を持つことって結構あるんですよ。


国立新美術館で見た美術展としては「異邦人たちのパリ展」と「モネ大回顧展」があります。
両方、2回ずつ行きました。非常に楽しい美術展でしたよ。

~絵画編~異邦人たちのパリ展(国立新美術館)-美術展の感想-

~彫刻・オブジェ編~異邦人たちのパリ展(国立新美術館)-美術展の感想-

モネ大回顧展(国立新美術館)-美術展・展覧会の感想-


フェルメール展は行こうと思ってたけど行きそびれちゃったな。美術展は期間があるから難しいですよね。

あ、国立新美術館は珍しい「火曜休館」です。僕も間違えて休館日に行ったことがあります。
(一番上の写真はその日に撮った写真です)


↓ブログランキング参加中
fc2ブログランキング  にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング ブログランキング 人気ブログランキング

いろんな美術展の感想を見る
スポンサーサイト
美術館・博物館・施設 | コメント:4 | トラックバック:3
<<埼玉県立近代美術館の建物と北浦和公園 | 虹色新天地 | 川村記念美術館の外にあった妙なオブジェ>>
この記事のコメント
こんばんは。ぼくも夏にこちらへ出かけて、建物の斬新な空間構成に惹かれ、写真を撮ってきました。広い吹き抜けの空間と、窓から差し込む光と影がとてもおもしろい、と思いました。
2007-12-24 Mon 22:53 | URL | ディック #22hNL7Yc[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます。

建築って、外から眺めるのと中に入るのでは、また印象が違って面白いですよね。
元々、建築には興味がなかったのですが、建築ありきの風景画、というのもあるので、美術展に行くようになってから建築にも興味を持ったしだいです。

2007-12-25 Tue 00:11 | URL | COZY@管理人 #-[ 内容変更] | top↑
えー、記事の本文中に言及のあるサントリー美術館へ、12月15日に初めてでかけました。
「鳥獣戯画」の本物を目にしてきました。
ついでに、東京ミッドタウンの雰囲気も写真に撮ってきました。
トラックバックさせていただきます。
2007-12-27 Thu 21:33 | URL | ディック #22hNL7Yc[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます。

国立新美術館の帰りに、サントリー美術館の入口までは行ったことあるんですよ。

鳥獣戯画展はサントリー美術館デビューと兼ねて行っておけば良かったと後悔しております。

あとでTB先の記事も読ませていただきますね。
2007-12-28 Fri 02:44 | URL | COZY #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿


8月13日(月)、国立新美術館へ「日展100年」を観に行ってきました。 展覧会の内容については右をクリックしてください。 → 「日展100年」 国立新美術館は巨大な建物で、... …
2007-12-24 Mon 22:57 ディックの花通信
 京都・栂尾の高山寺に所蔵される「鳥獣戯画」四巻を中心に、分蔵される断簡、模本類もあわせて展示し、「鳥獣戯画」の全貌を本格的に紹介する、という展覧会が、六本木の東京ミッドタウン ガーデンサイトのサントリー美術館で開催された。  12月16日が最終だとい... …
2007-12-27 Thu 21:34 ディックの本棚
12月15日、六本木の東京ミッドタウンのサントリー美術館へ「鳥獣戯画がやってきた」という展示を観に行ってきました。 2007年3月にオープンしたという東京ミッドタウン... …
2007-12-27 Thu 21:34 ディックの花通信
| 虹色新天地 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。